オーリンクプロテオミクスへようこそ

オーリンクプロテオミクス株式会社 (本社、スウェーデン) は、血漿プロテオーム解析を主としたタンパク質定量解析の受託サービスを提供しています。当社の開発したProximity Extension Assay, PEA法は、タンパク質の発現値をリアルタイムPCRや次世代シーケンサーによってリードアウトする革新的な技術です。マルチプレックスELISAや質量分析計では難しいとされるごく微量のリキッドバイオプシーサンプルからの網羅的なバイオマーカー探索やゲノム情報と統合したマルチオミクス・コホート研究など、幅広い研究をサポートします。

Proximity Extension Assay, PEA

1つのタンパク質に対し、2つのDNAタグ付き抗体でイムノアッセイを行い、得られた2本鎖DNAからリアルタイムPCRや次世代シーケンサーで発現定量を行う技術。ターゲットタンパク質に特異的な2つの抗体が正しく結合した場合のみ、2本鎖DNAが形成される仕組みから、極めて特異性の高いアッセイ技術であり、高マルチプレックス反応における抗原と抗体の交差反応性の問題を克服。

最新ニュース・トピックス

2021/10/29:12月9-11日に開催される第42回日本臨床薬理学会学術総会にてランチョンセミナーを共催 ― 公式HPへ移動



重要なリンク

英語版ウェブサイトの重要なページのリンクについては、以下のリンクを使用してください。

2947

Biomarker assays

~475 million

Protein data points generated

662

Publications listed on website

35

Certified Core Labs

Contact us!